グラウンディングについて★

皆さん、こんにちは!
  
美とグラウンディング強化期間💗
先月の2月11日から三か月スパンでフォーカスしています。全ては楽しい実験です。
    
世にはさまざまな役に立つ情報があるので、わたしがお伝えすることはあるのかなぁ?と思い何を投稿しようか悩んでいたのですが。
   
もしかしたら同じようなタイプの誰かの役に立つかもと思い、今日は私が身をもって体験していることをお伝えしようと思います。
   
というわけで、今日は
    
「霊媒体質・エンパス・ヒーラーの方・瞑想をされる方向けグラウンディングのヒント」
というマニアックスピ子投稿〜★
(*一番下にまとめがあります。時間が無い方はそちらを)
   
わたしは今世ではスピリチュアルを9年程探究していて、それが長いのか短いのかは分かりませんがセッションや瞑想、ヒーリングにチャネリング、さまざまなワークを日常的にやっていました。とにかく興味があって、自分に必要でした。
    
やればやるほど当然意識はそちらにフォーカスし練習を重ねるので特別なことではなく能力はどんどん上がってゆきました。
    
もちろんそのことで得る恩恵も沢山あるのですが、自分とその他諸々との意識の境界線が持てなくなり、色々と困っていました。(チャネリングとはそもそもそういう意識でもあります)
   
旅先でその土地の悲惨な過去と人々の思いが入って来て無意識に海に入ろうとしたり、
   
とあるセッションをしていた時に、自分という存在がこの世から本当に無くなりそうになって、あれは本当に怖かった。
(それ以来、怖くて身体から出る瞑想は一切やっていません。)
    
そんな私が"自分"という身体と存在にしっかり居られるようになったのは、ヨガとAFP(アートオブフェミニンプレゼンス)をやり始めてから。
   
私が本格的にヨガをやるきっかけとなった3週間のヨガティーチャー合宿の時、同期の仲間にセッションをお願いされて夜の自由時間にやったことがありました。
    
セッション自体は受けた方もとても満足して下さって素晴らしいものだったのですが、
    
翌朝のヨガでものすごい身体の異変に気づきました。
   
当時は毎日朝から晩までヨガ漬けだったので身体の変化がよく分かったのですが、
   
足が、床につかないのです。
    
どうやっても、身体が浮いていて、以前の身体感覚に戻るのにかなりの時間がかかりました。
    
前日にたった2セッションやっただけなのに、これだけ身体に変化が出るのかと衝撃でした。
    
もし仕事として毎日のようにセッションをやっていたら。ヨガなどで身体を動かしていなかったら。どうなっていたんだろう。
   
私がずっとそうだったのですが、スピリチュアルはゼロ(無)の境地なんですよね。
そうすると、全てOK、の悟りの境地ですから無我、僧侶みたいな状態です。
  
だから、普段いつも穏やかです。唇に笑みを浮かべて、怒りません。憎みません。
  
最初は自我を制するけど、そのうちどんどんそれが普通になります。
   
わたしは、そのうちどんどん苦しくなりました。
    
人間らしい感情を表したくても表せなくなっていったのです。
怒りや苦しみも無い代わりに
喜びも楽しみも分からなくなりました。
    
喜べない、楽しくない。
何を面白いと思って良いのか分からない。
   
そんな私は、ヨガとAFPに出会って救われました。
   
AFPとヨガは、ゼロのその先、「自分」を生きる力を養うのですね。
それには、今世、持って生まれた肉体と共に進化することが必須なのです。
    
AFPとヨガは、スピリチュアルのその先-今世を人間として思いきり楽しむためのパワフルなツールです。
    
   
★まとめ★
スピリチュアルをやり続けているのに
人生ちっとも好転しない、
楽しくない、エンパスで困っている、、など
    
困っている人限定です。
    
「身体からむやみに出てはいけません。」
   
肉体も、精神が肉体から出ることを嫌がります。今世、肉体は精神の器で相棒。セットです。
   
瞑想やヒーリングは身体に留まってやるものになるべく限定する。
    
どうしてもやる場合は最小限にするか、終わった後は念入りに強度の高い運動をする。
  
・グラウンディングと現実創造にはAFP(アート・オブ・フェミニンプレゼンス)とアシュタンガヨガ
 
長い文章読んでくださりありがとうございました✨
   
みなさん、お身体をお大事に!
  
  
#アシュタンガヨガ #現実創造 #AFP #アートオブフェミニンプレゼンス #グラウンディングの方法 #グラウンディング

dragon's alcove

ヨガ・瞑想・AFP(アート・オブ・フェミニンプレゼンス)

0コメント

  • 1000 / 1000